環境機器製造・販売の株式会社ミケン

取扱製品


「キリコ処理」のススメ 単機からシステムアップされた集中処理に至るまで

現在、工作機械を使用する工場では、切屑加工時に発生するキリコの処理、及び切削油の大量消費が大きな問題となっています。

同時にこのことはキリコの散乱やオイルの流出、ミスト化による工場内の環境悪化、安全対策、公害問題等にも大きな影響を与えています。

当社では独自のアイディアと豊富な経験により、キリコの破砕、処理及びそれらのリサイクルに至るまで一貫したキリコ処理のシステムで、単機から集中処理まで、幅広くとり行っています。

O-I式(MS100+MV) 上下式(MC100+MS100) ロール式(MC200+ピンチロール)
集中式(MC300+MS300)

チップ処理システムの普及が遅れたわけ

集中式(MC300+MS300) ●工作機械メーカーが対策を立てなかった。
機械加工者が手作業によって処理した。

●屑扱い業者が整理、積出しをした。

●ポリシーが不足していた。
●非生産的設備だと錯覚していた。
●知らなかった。
●システム可能なチップクラッシャーがなかった。
●実施済み

トータルチップ処理システムには、こんなメリットがあります。

容積・運搬方法・安全早さ・積み込み・回収環境→というわけで経費節約